韓国芸能人

シムウンギョンの日本語力や演技力は?子役時代の画像が可愛すぎる!

2019年6月4日(火)に女優シム・ウンギョンさん&大人気俳優の松坂桃李さんW主演の映画『新聞記者』の完成披露上映会が都内で行われ話題に!

朝の情報番組『ZIP!』でも、松坂桃李さんが共演したシム・ウンギョンさんについて「日本語がうまい!」と彼女の日本語力に驚いていたんですよ!

マイコ
マイコ
ちなみに、シム・ウンギョンさんと松坂桃李さんが共演した映画『新聞記者』は2019年6月28日(金)より東京・新宿ピカデリー、イオンシネマほかにて全国ロードショーするの!

また、シム・ウンギョンさんは9歳にドラマデビューしているので子役出身の女優さんなんです。

シム・ウンギョンさんの子役時代の画像が可愛すぎる!と話題になっているんですよ。

そこで今回は、シム・ウンギョンさんの「日本語力や演技力は?」と「子役時代の画像が可愛すぎる!」について詳しくご紹介しますね♪

まずはシム・ウンギョンさんの気になる日本語力演技力についてチェックしていきましょう。

シム・ウンギョンの日本語力は?

2019年6月4日(火)に朝の情報番組『ZIP!』でシム・ウンギョンさんが主演した映画『新聞記者』について放送されたシーンがこちらです。

こちらの動画でも、シム・ウンギョンさんが記者になりきって松坂桃李さんをはじめ共演者に日本語で質問するほど日本語力がしっかりある女優さんだということが分かりますよね?

また、シム・ウンギョンさんが過去に日本語についてインタビューを受けた時にこのようなコメントを残しています。

日本語の実力については、「まだ漢字はあまり読めない。それでも基本的な部分はある程度可能だ。言語は私がどれだけかやるかによるので、ずっと勉強している」とし、「日本を旅行するくらいは出来る」と笑ってみせた。

ちなみに映画主演の前にシム・ウンギョンさんは2019年4月下旬から5月上旬までTBS赤坂ACTシアターにて舞台『良い子はみんなご褒美がもらえる』に出演していたんです。

彼女にとってこちらの舞台が日本での初舞台でした!

シム・ウンギョンの演技力は?

映画『新聞記者』で共演した実力派俳優の松坂桃李さんが大絶賛した女優として紹介されたのがシム・ウンギョンさんだったんですよ!

韓流ファンの方なら、彼女の出演している作品を一度は見たことがあるのではないでしょうか?

マイコ
マイコ
1番有名な作品としては、大人気ドラマ『ファン・ジニ』だよ!!

彼女は『ファン・ジニ』で、主人公ファン・ジニの幼少期役を演じ、2006年に「KBS演技大賞青少年演技賞」を受賞♪

その後、韓国では子役スターと呼ばれるほど大ブレイク!!

また彼女が子役ではなく大人の役者として認められるようになったのは2011年に韓国で公開された740万人を動員した大ヒット映画『サニー 永遠の仲間たち』がきっかけでした。

それまで可愛い子役時代のイメージが強かったのですが、一気に大人の女優としてのイメージを作りあげた作品でもあります。

映画『サニー 永遠の仲間たち』を見れば、シム・ウンギョンさんの人を一瞬で惹きつける演技力の高さが分かること間違いなし!

子役時代の画像が可愛すぎる!

2019年6月現在、シム・ウンギョンさんは25歳。

そんな彼女が子役時代に数々の人気作品に出演するたびに、「あの女の子は誰?可愛い!」と話題になってんですよ!

そこでここからは、シム・ウンギョンさんの可愛すぎる子役時代の画像を見ていきましょう♪

2016年3月にシム・ウンギョンさんが韓国放送された『セクションTV芸能通信』に出演した時に子役時代の姿が紹介された時の画像がこちら。

出演した当時シム・ウンギョンさんは、「子供の頃の方がルックスがもっといいと思う」と話していたんですよ!

わずか9歳でドラマデビューし、一時期芸能活動を休業するも抜群の演技力と愛らしいルックスは子役時代から全く変わらないなと思いました。

子役時代の画像は何度見ても「かわいい〜!」と言ってしまうほどのルックスの持ち主ですよね♪

また個人的にシム・ウンギョンさんは韓国版『のだめカンタービレ』でヒロインを演じたのですが、上野樹里さんにそっくりだなと思ったのですがみなさんは似ていると思いませんか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現在日本で精力的に活動をしている韓国人気女優、シン・ウンギョンさん。

共演した役者の方が口を揃えて、「日本語がうまい!演技力がすごい!」と高く評価するほど今最も旬な女優さんと言えるでしょう。

シン・ウンギョンさんが松坂桃李さんとW主演を果たした映画『新聞記者』は2019年6月28日(金)より公開予定ですので乞うご期待!!