韓国ドラマ

オーマイクムビ最終回のネタバレや感想!相関図もチェック

2019年5月14日(火)から放送スタートする韓国ドラマ『オー・マイ・クムビ』。

マイコ
マイコ
今作は毎週月曜日から金曜日の午後4時からBS12で見ることができるよ!!

今作で脚光を浴びたのがクムビ役を演じた韓国では誰もが知る天才子役のホ・ジョンウンさん

また彼女は今作で「2016年KBS演技大賞女子青少年演技賞」と「ベストカップル賞」を受賞したんですよ!

ハナ
ハナ
今作はなにをしても中途半端な詐欺師の男の元に、突然娘と名乗る女の子が出現したことによって親子以上の関係を築いていく心温まるヒューマンラブストーリーなんだよ!

天才子役のホ・ジョンウンさん以外にも、詐欺師役には2014年『イニョプの道』に出演し日本でも知名度があるオ・ジホさんも登場します。

そこで今回は韓国ドラマ『オー・マイ・クムビ』の「ネタバレと感想は?」、「最終回や結末はどうなるの?」そして、「相関図は?」について詳しくご紹介しますね♪

この記事を最後まで読むと、韓国ドラマ『オー・マイ・クムビ』を見たくなってウズウズすること間違いなし!!

まずは最初にまだ一度も今作を見たことがない方のために、ネタバレを盛り込んだあらすじを見ていきましょう。

『オー・マイ・クムビ』のあらすじ

詐欺師として生計を立てているフィチョル(オ・ジホ) は仲間に裏切られ服役することに!

そんな中、突然自分に幼い娘クムビ (ホ・ジョンウン) がいることを知り動揺を隠せずにいました。

養育のために執行猶予を狙ったフィチョルはクムビを引き取ることにします。

しっかり者で口うるさいクムビ を面倒に思っていたフィチョルでしたが、次第に心に傷を持ちながら懸命に生きているクムビが愛おしい存在に!

しかしようやく2人の関係がよくなるも、クムビ が記憶が失われていくという難病にかかっていることが発覚してしまい・・・。

今作はどうしようもない詐欺師の父と記憶を失っていく難病をかかえる娘2人の親子の絆を描いたヒューマンドラマです。

ドラマの序盤では、突然現れたクムビを利用してなんとか執行猶予になろうとするフィチョルの姿が描かれていました。

共に時間を過ごすことで自然と、フィチョルもクムビのためならと高額な医療費を払うために一生懸命働き始めます。

クムビ自身はなぜフィチョルが急に働き始めた理由を知らずに、その理由を隠そうとするとフィチョルの親心に触れると涙なしでは視聴できない名作ですよ!

ぜひ下記の「ドラマの感想は?」も合わせてチェックしてみてくださいね♪

ドラマの感想は?

今作で最も視聴者の涙を誘ったシーンといえば、クムビの身体に異変が起きてしまうシーン!

そのクムビの身体を蝕むこととなった病名は、ニーマン・ピック病(児童認知症)という難病だったんです。

マイコ
マイコ
この難病は症状が悪化すると、記憶を失うだけでなく、満足に自分の力で体を動かす事もできなくなるというあまりにも子どもには残酷すぎる病気だったの!

クムビはまだ10歳という年齢なのに懸命に生きようとし、その姿を間近で見ているフィチョルがなんとかして助けようと奔走する姿は涙なしでは見ることができません!

なんとかクムビをフィチョルの頑張りで救い出すことができるか気になる方はぜひ、今作を最後まで視聴してみてくださいね♪

最終回の結末は?※ネタバレ注意※

ついにクムビ (ホ・ジョンウン) の記憶は消えてしまいます。

壁に飾られた大好きな人たちの写真を見つめながらクムビは、 「知り合いみたいだけど、覚えていないの。もう少ししたらお母さんとお父さんのことすらも忘れてしまうのではないか怖いよ」と寂しそうな表情で言うのです。

ハナ
ハナ
その後、クムビは治療中にも関わらず姿を消してしまうの!

すぐさまフィチョルがクムビを探し回り、最終的に彼女を発見した場所は思い出の場所の1つであるホテルでした。

2人が会った瞬間、「父に会いたい」と話した後その場でクムビは倒れてしまいます。

急いでフィチョルは彼女を連れて救急室に!!

フィチョルの強い想いも通じ、クムビは助かりました。

そして、なんと驚くことに奇跡が起こります。

クムビを知る人たちが一堂に集まったところに制服姿のクムビ が登場!

治療技術が発展してこともあり、クムビは無事に17歳を迎えることができ幕を閉じました。

相関図は?

次に今作のメインキャストについてチェックしておきましょう。

モ・フィチョル役:オ・ジホ

元詐欺師で、クムビの父親。

クムビをなんとか助けようと必死に働き児童認知症を患う娘を助けようと奔走する。

ユ・クムビ役:ホ・ジョンウン

フィチョルの娘。わずか10歳という年齢でニーマン・ピック病(児童認知症)を患う。

コ・カンヒ役:パク・ジニ

樹木科学院の研究員。妹が亡くなった事で、韓国を離れようとしたところフィチョルと運命的な出会いをする。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今最も韓国では旬な子役と言われる俳優ホ・ジョンウンさんと時代劇で数多くの話題作にキャスティングされているオ・ジホさんが出演している韓国ドラマ『オー・マイ・クムビ』。

今作の題材が難病でもあるニーマン・ピック病(児童認知症)という難しい内容にも関わらず、ホ・ジョンウンさんが大人顔向けの演技を披露し大ヒットしました。

韓国ドラマ『オー・マイ・クムビ』は、2019年5月14日(火)から放送をスタートするので、是非チェックしてみてくださいね♪