韓流時代劇

不滅の恋人最終回の結末までを全話ネタバレ!七日の王妃に似てる?

2019年3月現在、毎週日曜日の夜9時からBSプレミアムで放送している韓国時代劇『不滅の恋人』。

主演のチン・セヨンさんは現在NHKで放送している 韓国時代劇『オクニョ〜運命の女(ひと)〜』でもヒロイン役として出演されていることで話題になっていますよね♪

マイコ
マイコ
今作は実在した朝鮮の兄弟王子の争いをモチーフにした作品なの!
ハナ
ハナ
また、ネット上では今作とパク・ミニョンさん主演の『七日の王妃』のストーリーが似ていると注目されているんだよ!!

そこで今回は韓国時代劇『不滅の恋人』の「あらすじは?」、「最終回までの全話ネタバレは?」そして、「『七日の王妃』に似ているシーンはどこ?」について詳しくご紹介します♪

この記事を最後まで読むと、韓国時代劇『不滅の恋人』を今すぐ視聴したくなること間違いなし!

まずは最初にまだ一度も作品をご覧になっていない方のために、あらすじをご紹介しますね♪

不滅の恋人のあらすじ

2018年に韓国で放送された『不滅の恋人』は、歴史上に実在した人物をモチーフにしたロマンス時代劇です。

主人公のイ・フィ役のユン・シユンさんが演じているのは、安平大君(アンピョンテグン)。彼の兄でもあるイ・ガン役のチュ・サンウク さんが演じているのが、首陽大君(スヤンテグン/第7代王・世祖)

マイコ
マイコ
フィは王宮の中で育ち優しい心の持ち主で、全く競争心がない優しい青年なんだけど、彼の兄・ガンは幼い頃に王宮を出されたこともあり、親の愛情を知らないまま育ってしまったことから野心家なの!

フィとガンは大人に成長し、ガンは狩りに出かけ、フィは王宮から飛び出し、街に出かけそこでヒロインのジャヒョンと出会うことに。

フィとジャンヒョンは宮中の撃毬(キョック)大会で偶然にも再会したことがきっかけで、2人は急速に惹かれあっていきます。

兄・ガンはヒロインの友人・ナギョムと結婚したのですが、ジャヒョンの事が忘れられずフィとの仲を裂こうとするようになっていくのです。

不滅の恋人を最終回まで全話ネタバレ!

不滅の恋人1話のネタバレと感想

なにかと幼い頃から弟・フィに嫉妬してきた兄・ガンは、弟を亡き者にし、王の座を狙っていました。

幼い頃、自分だけ王宮の外で育てられたことに怒りを隠せず、ガンはフィと仲の良い女官・ヨンヒを池に落としてしまいます。その結果、ヨンヒは帰らぬ人に。

ですがガンは事実を隠蔽し、ヨンヒは自ら池に落ちたということで片付けられてしまったのです。

幼い頃からずっと世話をしてくれていた女官をこのような形で失ったフィの悲しみは、想像絶するものだと思いませんか?

ここから兄弟の溝は深まります。

そして大人に成長した二人。ですがこのとき、フィは死んだと思われておりガンが政権を狙っている状況でした。1話ではガンがフィを亡き者にしようとした内容はまだ明かされていません。

国王が危篤に陥ってしまい、王の息子(世子)はまだ幼かったことから、王の母・大妃(テビ)は後継者争いを恐れていました。

そこに死んだと思われていたフィが戻り、王の最期を看取ることに!

王は亡くなる前、「世子が大人になるまで大妃(テビ)が摂政になり、大君は世子に忠誠を誓う事。」とフィに遺言を残しました。

ガンにとっては、自分より先に王の遺言をフィが聞いてしまったことに「次期王は自分じゃないのか?」と焦ってしまう事態に。

生きて戻った弟・フィと、再度自らの敵が現れたことを認識する兄・ガン。そしてヒロイン・ジャンヒョンとの恋もまた動き出すのです。

不滅の恋人2話のネタバレと感想

2話はフィにとって運命の女性となるソン・ジャヒョンと出会うところから始まります。

ジャヒョンは親の命令で行儀見習いの習い事をしていますが、その日も途中で抜け出して使用人のクッタンと共に町へ出かけることに。

絵を描くことが大好きなジャヒョンは青色の染料をお店で見つけ手にしたのですが、床に落としてしまいました。店主はすぐさまジャヒョンに「この青色は100両もするものだから弁償しろ」と主張します。

その一部始終を見ていたフィがその顔料を舐めてみると、松のススを混ぜた偽物だと判明!結局、100両を払う必要はなくなったのです。

あまり良い出会いではなかったですが、困っている人を見過ごすことができないフィの優しさには思わず胸キュンした方も多いのではないでしょうか?

その頃、王宮では時期王をどうすべきか議論されていました。

※実はこの頃、王様の側室ヒョビンが身籠もっていたのですが、このことは内密になっていました。

フィは自身の結婚に関して母である大妃に「私の相手は自分で選ばせてください」と告げましたが、「王族の婚姻は自分で決めるものではない」と言われてしまいます。

フィは王族でありながら政治に参加することができず、婚礼さえも自分では決めることができないことに納得していませんでしたよね。

不滅の恋人3話のネタバレと感想

3話はジャヒョンが親に無断で、馬上で行う球技「撃毬(キョック)」の試合を見に行ったところから始まります。

この試合を無断で見に来ていたジャヒョンは兄に見つかってしまい、逃げるためにフィの控室に入るんですが、ちょうどフィが戻ってきてしまったんです!

フィは使用人の服装をしているジャヒョンを見て彼女を侮辱する言葉を口にし、ジャヒョンからビンタされてしまいます(笑)

怒りながらも何だかんだ気になってフィの傷の手当てをするジャヒョンもまた優しい心の持ち主ですね。

その頃王宮ではヒョ嬪が世継ぎになる男の子を出産しました。

宴が始まり、ジャヒョンの所にユン・ナギョムたちが来て、彼女はガンを呼び出すようにお願いします。

そしてナギョムはガンに会うやいなや、「姉に薬を盛りました。大君様の妻になれるよう必死に策を弄しました。望む夫と地位を手に入れるために。姉より優れているのに次女だからと姉に機会を譲るのは誠に耐えがたい事なんです」と、本音を告げました。

その姿にガンは呆れるというよりも、自分と似たような野心がある姿に悪い気がしなかったんです。

ナギョムが姉に対してしたことは、絶対に許されることではないですよね?

また、ジャヒョンとナギョムはこの頃仲のいい友人だったのですが、ガンがナギョムではなくジャヒョンに対して興味を抱くようになると2人の関係性も変わっていくことが想像できる3話でした。

不滅の恋人4話のネタバレと感想

4話は王宮で新しい王子が生まれ、めでたい雰囲気に包まれていたところから始まります。

しかし、ガンにとっては喜ばしい出来事ではありません。

なぜなら彼は文宗の後に自分が王座に就きたいと思っていたから!!

普通なら王子が生まれて喜ぶはずなのに、ガンとヤンアン大君にとっては余計なものが生まれてくれたと苦い顔です。

一方、すっかり仲良くなったジャヒョンとフィは、牧場へ行き楽しい時間を過ごすことに。

乗馬ではしゃいだりとしている姿は、まるで恋人同士にでもなったのかと思うほどの仲の良さでした。

しかしそこへヨギョンが現れて、フィに妓楼に来るよう指示するのです。

フィはジャヒョンを一人にしておけず、ジャヒョンを妹ということにして仕方なく妓楼へ向かいました。

初めて妓楼を訪れたジャヒョンは、テンションが上がってしまい、つい羽目を外してしまいます。

自分で歩けないほど泥酔してしまい、フィも呆れる始末!!それでもフィはジャヒョンを家まで送り届けました。

王子がこのようなことをすることはまずありえないので、フィはそろそろ自身が王子であることをジャヒョンに言った方がいいように思うシーンです。

彼女の性格なら「私を騙していたの?」と言いかねないので、早い段階で言うべきだと思いませんか?

一方、ガンはジャヒョンに対する思いを強くしていました。

私の妻にふさわしいのはナギョムではない!ジャヒョンこそ本命だ!」と思い、彼はジャヒョンを呼び出して船に乗せ、口説き落とそうとします。

ジャヒョンは全くその気がないのでガンの申し出をきっぱりと断りましたが、ガンは何がなんでもジャヒョンを妻にしようと諦めようとしません。

ガンの圧力が一段と増し、ジャヒョンはこのままでは危ないと考えます。

危険な行為ですが、なんと船から飛び降りてしまい・・・

不滅の恋人5話のネタバレと感想

5話はついにフィの正体が分かり、そのせいでジャヒョンがショックを受け喧嘩したものの、最終的にフィの気持ちを受け入れたところが描かれていました。

4話ではジャヒョンはガンの圧力を感じ、小舟から自ら飛び降りました。そこにフィが駆けつけ、泳げないジャヒョンを救出。

そこから2人は一気に急接近し、カップルのように毎日文を交換するほどのラブラブぶり!

しかし、ジャヒョンがガンとナギョムの結婚式に参列した時に、フィが王の末の弟ということがバレてしまいます。

その姿を見たジャヒョンは、すぐさまその場を離れました。フィも彼女を追いかけますが「あなたは私を騙したの?他の女にも同じようなことしているのでは?」と怒りをぶつけます。

その日を境に、フィはジャヒョンに対して許してもらえるように努めるのですが、頑固なジャヒョンはそう簡単には許してくれません。

最終的にフィは、ジャヒョンの自宅で劇を開くことをひらめきます。

劇中フィはジャヒョンの前で仮面を外し、「目に見えるものでなく共にした時を信じるのだ。出会った瞬間、私の胸は高鳴った。無礼な私をも思いやる温かい心。学ぼうとする心。掟に縛られぬ好奇心。死さえも恐れぬ勇気。そんな一面を見て、一日中そなたのことが頭から離れなくなった。私はそなたなしでは生きていけなくなった。私についてきてくれ。

このような言葉をジャヒョンに語りかけるようにいうと、彼女は思わず涙を流したのです。

フィが劇を終え帰宅しようとすると、外ではジャヒョンが待っていました。そして2人は仲直りすることができたのです。

その後、フィは兄・ガンも結婚し後継もできたことから、自分もジャヒョンと結婚したいという気持ちを母親に伝えます。

その頃、女真族が攻め込んでいると知らせが王の所に入り、王はその驚きからか倒れてしまいました。

5話でフィがジャヒョンに許してもらえるように劇を開いたシーンには、胸キュンした方も多いのではないでしょうか?

フィの真摯な気持ちが伝わってくる姿には、思わず「私もこんなセリフ言われたい!」なんて思ってしまいました(笑)

ただ、最後のシーンで王が倒れてしまったので、次回は世継ぎの問題で荒れそうですね。

不滅の恋人6話のネタバレと感想


6話はついに王が倒れてしまった事で王妃に呼ばれたフィが、次期王になるように言われた事で兄・ガンとの関係に悩むところが描かれていました。

王が倒れた事で王の母・大妃は、やむをえず弟・フィを一旦世継ぎ(※世弟の座)に定めようと考えます。

しかし、フィは政に全く興味がなくまた「なぜ兄ではなく私なんですか?」と訴えました。

それでも大妃はどうしても、フィになってもらうためある方法で説得することにします!

その方法とは、彼の望む婚姻を認めることです。

それで大妃は、ジャヒョンと会うことになるのですが、そこに同席していたガンの妻・ナギョムが大妃と王妃を前にしてジャヒョンのじゃじゃ馬ぶりを大暴露し、彼女は王室の嫁にふさわしくないと吹き込みました。

しかし、大妃はそのような事を言われても欲がないジャヒョンの姿に好感を持ちます!

一方、ガンは世弟の座までフィに渡そうとする大妃に怒り心頭しその理由を問い詰めます。

大妃はそんなガンに対して、「国や王室、兄弟より己を優先する欲心があるガンに献身と犠牲を強いられる玉座は似つかわしくない」と、厳しい口調で言うのです。

その言葉を聞いたガンは、なんと母や弟を斬り捨てて自分が王になることを決心!!

そして、ヤンアン大君はガンに、フィを連れて戦地に赴くことを告げます。

そのことを知るよしもないジャヒョンは、ナギョムからフィが北方の戦地に赴くと聞かされショックを隠せません。

どうしても真相が知りたいジャヒョンは、フィを自宅の前で待ち「また騙した」と怒りをぶつけます。

せめて婚姻してから出陣してほしいと言うも、フィは「必ず生きて帰るから、その後婚姻しよう!」と約束したのですが・・。

6話は、5話と違ってハラハラドキドキする内容になっていましたよね?

大妃も本当はフィが世弟の座に就きたくないのを知っているはずなのですが、ガンの性格を考えた時どうしようもない決断だったのかもしれません。

またガン同様に妻であるナギョムも野心家なので、自分が国母になるためにはジャヒョンがフィと結婚するのを望まないのでしょうね。

そして、6話の最後のシーンで描かれていた、たった2人の結婚式のシーンはなんともジーンときた方も多かったのではないでしょうか?

不滅の恋人7話のネタバレと感想

7話は女真族討伐のため遠征に向かったフィを男装してまで追いかけるジャヒョンが描かれていました。

ジャヒョンは、フィに防寒服を渡すため男装した姿で遠征先に向かいます。

そんなジャヒョンの姿を見たフィは驚きを隠せません。

防寒着を届けるとジャヒョンはそのまま帰ると言いますが、フィは夜遅くに帰させるわけにはいかないと考え、宿舎の中で傷ついた兵士とともに一緒に休むように促します。

ジャヒョンを守るように横になるフィの姿に、ジャヒョンも喜びを隠せません。

翌朝、兄・ガンが遠征軍にジャヒョンがついて行ったと聞き遠征先に向かいます。

フィになにかと嫉妬するガンにとって、ジャヒョンが弟を追って遠征先に行ったことに怒り狂うのです。

その後結局、ガンがジャヒョンを連れて帰ることに!

一方その頃、戦地ではフィが「敵と戦うのではなく和議をしてはどうか?」と提案します。

そこで、フィは女真族の元に自ら出向きましたが交渉はなかなかうまくいきません。

その日の夜に、フィは宿で女真族の父と朝鮮人の母をもつルシゲに会います。

そして翌朝、フィが食事している最中に突然朝鮮側から攻撃されてしまうのです。

そのため、フィは女真族に捕まってしまい・・・。

朝鮮軍が女真族に対して突然攻撃を仕掛けてきたのは全てガンの策略!!

それを知らない、女真族はフィが騙したと怒りを隠せません。

その為、フィは兄・ガンの策略だと知らず囚われてしまうというありえない事態に衝撃を受けた方も多いでしょうね。

どうにかしてフィの存在を消したいガンのあまりにも汚いやり方にイラッとしてしまいませんか?

不滅の恋人8話のネタバレと感想

〜2019年4月21日(日)のドラマ放送後に追記します〜

七日の王妃と似てる?

韓国時代劇『不滅の恋人』と、現在月曜から金曜の朝7時からBS-TBSにて放送されている『七日の王妃』が似ているとSNS上で話題になっています。

実際にTwitterに投稿されていた韓国ドラマファンのコメントがこちらです。

私が思う今作と『七日の王妃』が似ている点が、兄弟王子が1人の女性を巡る三角関係になる点と、死んだはずの弟が生きていたという2点だと思います。

現在どちらのドラマもBSプレミアムBS-TBS絶賛放送中なので、この機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか?

ちなみに『七日の王妃』はU-NEXTで独占配信中です!見放題で視聴できるのはここだけなので、31日間の無料お試し期間中にぜひ見てみてください♪

▼今すぐ無料で見たい方はこちらから▼

「七日の王妃」を無料視聴する

※U-NEXTなら31日間無料で七日の王妃が見放題!

今作と似ているとSNS上で話題になっている韓国時代劇『七日の王妃』の最終回のネタバレや口コミについて知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

七日の王妃最終回のネタバレや結末は?口コミや評判もチェック今回は韓国時代劇『七日の王妃』の「あらすじは?」、「こんな人にオススメしたい!」、「最終回の結末やネタバレ」そして、「口コミや評判は?」について詳しくご紹介します♪ この記事を最後まで読むと、韓国時代劇『七日の王妃』を今すぐチェックしたくなること間違いなし! まずは最初にまだ一度も作品をご覧になっていない方のために、あらすじをご紹介しますね♪...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現在、日本でも大人気女優のチン・セヨンさん主演毎週日曜日の夜9時から放送されている韓国時代劇『不滅の恋人』。

今作でヒロインが今まで恋愛に興味がなかったものの、たった1人の男性フィに出会うことによって、深い愛を知っていく姿には現代にも通じる姿だと思いました。

時代劇といっても、難しい内容ではなくラブロマンスが多く含まれているので胸キュンシーンも多いですよ!

韓国時代劇『不滅の恋人』は、まだまだ絶賛放送中ですので是非チェックしてみてくださいね♪

朝鮮王朝の王・太宗の三男イ・フィ(ウンソン大君)役ユン・シユンさんについて知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

不滅の恋人イフィ(ウンソン大君)役の俳優はユンシユン!出演ドラマや経歴は?今回は、「イ・フィ(ウンソン大君)役の俳優ユン・シユンさんってどんな人?」「ユン・シユンさんの他の出演作品が知りたい!」というあなたに、わかりやすく彼の経歴や出演作品をご紹介します。 彼のこれまでや人柄を知れば、ユン・シユンさんのことをもっと好きになり、応援したくなること間違いなしですよ♪...

さらに朝鮮王朝の王・太宗の次男のイ・ガン(チニャン大君)チュ・サンウクさんについて知りたい方は、こちらの記事もご覧くださいね。

不滅の恋人イガン(チニャン大君)役の俳優はチュサンウク!出演ドラマや経歴は?今回は、「イ・ガン(チニャン大君)役の俳優チュ・サンウクさんってどんな人?」「チュ・サンウクさんの他の出演作品が知りたい!」というあなたに、わかりやすく彼の経歴や出演作品をご紹介します。 彼のこれまでや人柄を知れば、チュ・サンウクさんのことをもっと好きになり、応援したくなること間違いなしですよ♪...