韓流時代劇

オクニョパクテス役の俳優はチョングァンリョル!出演ドラマや経歴まとめ

韓国時代劇「オクニョ〜運命の女(ひと)〜」でパク・テス役を演じているのは、俳優のチョン・グァンリョルさん

オクニョの師匠であるパク・テスは、謀反の汚名を着せられて牢屋に入れられてしまいます。

彼の姿を見ていると、「なんて可哀想な最期を迎えるの…」と悲しい気持ちになった方も多いのではないでしょうか?

マイコ
マイコ
実はパク・テスは架空の人物だったとも話題になったのよ!

今回は、「パク・テス役の俳優チョン・グァンリョルさんってどんな人?」「チョン・グァンリョルさんの他の出演作品が知りたい!」というあなたに、わかりやすく彼の経歴や出演作品をご紹介します。

彼のこれまでや人柄を知れば、チョン・グァンリョルさんのことをもっと好きになり、応援したくなること間違いなしですよ♪

→今すぐ他の出演作品を知りたいという方はコチラからどうぞ!

チョン・グァンリョルってどんな人?

韓国では理想の父親とも言われる俳優、チョン・グァンリョルさん。

「オクニョ」では時代劇の衣装だったため、プライベートの写真をチェックすると新鮮な気持ちになりませんか?

まずは簡単に彼のプロフィールからご紹介します。

本名:チョン・グァンリョル(전광렬)
生年月日:1960年2月11日
出生地:ソウル特別市
血液型:A型
身長:168cm
体重:72kg
所属事務所:J.WAYエンターテイメント

チョン・グァンリョルさんは2018年12月現在、58歳。

韓国では国民ドラマとも言われる数多くの作品に出演され親しまれている彼は、味のある演技性をすることでも有名なんですよ!

デビューは1980年。芸能界入りのきっかけとなったのは、TBCのタレント公募に合格したことがきっかけでした。

ハナ
ハナ
韓国では「父親にしたい理想の男性」と言われるほど、熱狂的なファンが多いことでも有名なの!
マイコ
マイコ
これだけ父親役が似合う俳優はいないから当然よね♪

私は以前別の作品でも彼を知っていたのですが、俳優デビュー後10年以上も下積み時代があったということは初めて知りました。

またチョン・グァンリョルさんのプライベートを調べてみると、1995年にスタイリストでもあるパク・スジンさんと結婚しています。

彼の妻であるパク・スジンさんは元放送作家なのですが、現在は韓国初のスタイリストとして大活躍されています。

日々夫のために衣装を直接準備するなど、公私ともにサポートされているそうですよ!

それだけではなく、1994年イ・サンウさんの「悲愴」の作詞をしたことでも広く知られており、奥さまも韓国ではかなり有名な方ということがわかります。

結婚20年以上たった今でも彼は奥さまのことをべた褒めしていますし、韓国ではおしどり夫婦として有名なんです。

チョン・グァンリョルの出演作品をチェック

「オクニョ」でパク・テス役を務めているチョン・グァンリョルさんですが、他の出演作品についても知っておきたいですよね。

ここでは、これだけは見てほしいチョン・グァンリョルさんの注目作品についてご紹介します。

一躍スターダムにのし上がった作品「ホジュン~宮廷医官への道 」

1999年に放送された「ホジュン~宮廷医官への道 」

こちらのドラマは、放送当時視聴率がなんと60%超えした大ヒットドラマなんです。

今作は朝鮮随一と言われ東洋医学にも大きな影響を与えた実在した名医の生涯を描いた作品

彼はこちらの作品で主人公ホジュンを熱演しました。

放送当時は「ホジュンシンドローム」と呼ばれる社会現象まで巻き起こし、ドラマのメインテーマである漢医学の人気が高まったほど注目されたんです。

ハナ
ハナ
今作がきっかけに大学の漢医学科の競争率が急上昇したんだよ!

2010年最大のヒット作品「製パン王キム・タック

2010年に放送された製パン王キム・タック

こちらのドラマでは、逆境にも負けず明るく立ち向かう青年キム・タックが成長していく姿と、複雑な人間関係と出生の秘密、異母兄弟の対決が描かれています

チョン・グァンリョルさんは、コソン食品の会長役を熱演しました。

彼には愛娘がいるものの、後継の男の子がいないことで、ある男性を世継ぎにしようと真剣に考え始めます。

跡取り問題でタックも巻き込まれてしまうのですが、その後どういう形になるのか要チェックですよ!

マイコ
マイコ
今作ではタック役にユン・シユンが大抜擢されたことでも話題になったの!

JYJパク・ユチョン主演作品「会いたい」

2014年に放送された「会いたい」

こちらのドラマでチョン・グァンリョルさんは、WEB漫画家ウンジュの父であり、強力班刑事の役を熱演しました。

14年前のある事件をきっかけに心に癒えない傷を負った男女が織り成す涙なしでは見られない珠玉の純愛ストーリー。

幼い頃出会った二人は一度は恋心を抱くものの、ある事情で引き離され大人になった時に再会します。

再会したものの様々な事情からなかなか一緒になることが出来ず、最終的にどういう結末を迎えるのか気になる物語です。これはネタバレを読むよりぜひドラマを見てほしいですね。

他にも、チョン・グァンリョルさんは様々な作品に出演されています。

・朱蒙 -チュモン-
・王と私
・太陽を飲み込め
・熱愛
・君を憶えてる

下積み時代が10年以上もあった、チョン・グァンリョルさん。それでも今ではベテラン俳優として話題作に欠かせない存在となりました。

韓国時代劇好きな方であれば特に、「チョン・グァンリョル」という名前まで自然と覚えていることでしょう。

それほどよく見る顔であり、その厳しくも優しい表情から彼のファンになってしまいますよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今ではベテラン俳優として有名なチョン・グァンリョルさんですが、デビュー当時は全くの無名でした。

それでも出演する作品で味のある演技をし続けることで、今では話題になる作品にはなくてはならない存在になっています!

「オクニョ」にハマったあなたに次に見てほしいのは、「会いたいです。

私も実際に「会いたい」を全話観ましたが、チョン・グァンリョルさんは同作のキーパーソンとなっています。

難しい役どころですが、圧倒的な演技力で作品を盛り上げていますよ!

愛する人のためにあなたならここまで出来ますか?」と考えてしまうメッセージ性のあるドラマに、ハマること間違いなしです!

オクニョ役の女優チン・セヨンさんについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

オクニョ役の女優チンセヨンがかわいい!出演ドラマや経歴について韓国時代劇「オクニョ〜運命の女(ひと)〜」で主演のオクニョ役を演じているのは、女優のチン・セヨンさん。 どんな苦難にも負けずに明る...