最終回ネタバレ

韓国ドラマ|ブラックドッグのネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も

2019年12月16日から2020年2月4にかけて韓国で放送された韓国ドラマ『ブラックドッグ(原題)』。

マイコ
マイコ
今作は、実力派若手女優ソ・ヒョンジンさんと個性派ベテラン女優ラ・ミランさん共演の話題作なんだよ!

『ブラックドッグ(原題)』は、韓国ドラマ史上初の教師たちの話を扱ったドラマなんです。

過去に学生を中心に扱った学園ドラマは多くありますが、教師を中心にした職業モノとしてのドラマの誕生は初めてなことから放送前から話題に!

ハナ
ハナ
今作はある理由から非正規の新米高校教師となった女性が、コネ採用という噂を立てられ孤立しながらも、所属する進学部長をはじめとする周りの人々に鼓舞され奮闘していく成長する感動のヒューマンドラマなの!

そんな韓国ドラマ『ブラックドッグ(原題)』の内容や最終回の結末、気になりますよね?

そこで今回は韓国ドラマ『ブラックドッグ(原題)』の「ネタバレと感想は?」と「最終回の結末はどうなるの?」について詳しくご紹介しますね♪

ブラックドッグ(原題)』のあらすじ

バスで修学旅行に向かう途中、交通事故に遭ったハヌル(演:ソ・ヒョンジン)たち一行。

足を怪我していたハヌルの救出に真っ先に立ち向かったのは、非正規雇用の教師だった。

勇敢な彼の行動によりハヌルは無事救出されたが、彼は帰らぬ人となってしまう。

危険を顧みず救ってくれた恩師の志に強く心を動かされ、ハヌルは教師を目指すようになる。

何度もチャレンジするも採用とはいかず諦めかけていた時、採用の連絡が来るものの、“1年間の契約採用”という条件付きだった。

職場では “親戚のコネ採用”とあらぬ噂が広まり、孤立してしまうハヌル。

彼女は噂を否定するも、誰も彼女の言葉には耳を傾けようとしなかった。

自分の居場所が無いハヌルは学校をやめようと決心するが、進学部部長のソンスン(演:ラ・ミラン)に鼓舞され、本来目指していたものに気づき奮闘する…。

ソ・ヒョンジンさんは、臨時教師のコ・ハヌル役を熱演♪

そんな彼女は、私立テチ高校・進学部の国語担当教師として1年間だけの採用という条件で臨時採用されました。

ハヌルが教員を目指したのには高校生の頃に経験したあることがきっかけだったのです。

ハヌルが高校の修学旅行の最中、臨時採用中の教師ヨンハが自分をかばい、命を落とした事が教師を目指す理由だったのでした。

命の恩人ヨンハと同じ教師の道を目指し、11年後についに夢を叶えます。

個性豊かな面々と共に私立テチ高校で働くハヌルなのですが、ある噂が彼女を苦しめることに!

なんとハヌルが私立テチ高校・教務部の部長スホの姪だった、という事実が校内に知れ渡ったことから、周囲からハヌルはコネ採用の疑いをかけられてしまうようになり・・・。

ハヌルが様々な困難を乗り越えていく姿に注目しながら最終話までご覧くださいね♪

ドラマの感想は?

「『ブラックドッグ(原題)』の評判はどうなの?」と思うあなたに、『ブラックドッグ(原題)』の感想評判を紹介します。

1話目からリアリティあって面白い!

教育現場の問題が描かれていて見応え抜群!

などの、『ブラックドッグ(原題)』対してストーリーが見応え抜群だったという高評価コメントが多く上がっていました。

最終回の結末は?※ネタバレ注意※

ソンスンは、出世欲の強い夫のベトナム移住が決まり、私立テチ高校から離れる事を余儀なくされました。

悩んだ末にソンスンは、休職することを決断します。

その前に、ソンスンは、自分がいなくなった後の進学部の影響力が落ち込んでいく事を気にかけ、正規教師の歴が長く、ムードメーカーで統率力のあるミョンスを進学部・部長の後継者に指名したのです。

このようにソンスンは、進学部の影響力拡大を推し進めるため、様々な置き土産をテチ高校に残していたのです。

ついにソンスンがテチ高校を去る日がやってきます。

ハヌルはソンスンに、「私がこれからどうなるかは分からないが、最後までやります」と覚悟を語り、ソンスンもハヌルに「教師採用試験、頑張れ」と激励の言葉を贈りました。

数ヶ月の時間が経過します。

ソンスンがいないテチ高校は、新しい年度を迎えました。

ハヌルは教員採用試験を終え、念願の正採用教師に!

最後にテチ高校ではなかったのですが、ソンスンとハヌルが再会した姿が描かれ幕を閉じました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ソ・ヒョンジンさんとラ・ミランさんが共演したドラマブラックドッグ(原題)

エリート街道を突き進んでいるように見えるヨヌが、臨時採用されたはぬるが自分と違ってトラブルに巻き込まれるなど、真逆な立場にいる彼女が放って置けなくなる姿に注目してご覧ください。

もちろん、ハヌルをはじめ教員たちのそれぞれ抱える問題や奮闘ぶりが実際に教育現場で働く人にも響くものがあると話題なのでその辺りも要チェックですよ!

調べてみたところ、2020年5月現在、動画配信サイトでは配信されていませんでした。

配信の情報が入り次第追記・更新するので乞うご期待!!