最終回ネタバレ

韓国ドラマ|輝く星のターミナルのネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も

2018年10月から11月下旬にかけて韓国で放送された韓国ドラマ『輝く星のターミナル(原題:キツネ嫁星)』。

マイコ
マイコ
今作で主演を演じたイ・ジェフンさんにとって主演最新作!彼は日本でも坂口健太郎さん主演でリメイクされたドラマ『シグナル』でプロファイラー役を演じたの!

そんな話題の作品がなんと11月20日(水)からWOWOWで毎週月曜日から金曜日の午前8時15分より放送中!!

『輝く星のターミナル(原題:キツネ嫁星)』でヒロインの同僚であり恋心を寄せるウンソプ役を演じるのは日韓でアイドル活動をしているボーイズグループSF9のロウンさんが抜擢されています。

ハナ
ハナ
今作は日本人にもお馴染みの韓国の玄関口、仁川空港を舞台に旅客サービス部門で働く人々の奮闘と心温まるヒューマンラブストーリーを描いた作品なの!

そんな韓国ドラマ『輝く星のターミナル(原題:キツネ嫁星)』の内容や最終回の結末、気になりますよね?

そこで今回は韓国ドラマ『輝く星のターミナル(原題:キツネ嫁星)』の「ネタバレと感想は?」と「最終回の結末はどうなるの?」について詳しくご紹介しますね♪

輝く星のターミナル(原題:キツネ嫁星)』のあらすじ

仁川空港に就職したヨルム(演:チェ・スビン)は情熱はあるものの不器用な性格で失敗ばかり。

激務と噂される旅客サービスチームへの異動を命じられる。

初日から遅刻したうえ、指導員となったのは入社わずか4ヶ月のスヨン(演:イ・ジェフン)だった。

ヨルムは無愛想な新入りに指導されるのが気に入らないが、旅行客のトラブルに巻き込まれたところをスヨンに助けられ、1年前の出来事を思い出す。

入社面接の朝、自動車事故の危機から奇跡的に救ってくれたのがスヨンだったのだ。

ヨルムは次第にスヨンに興味を抱き、人との関わりを避けてきたスヨンもまたヨルムのことが気になり始める。

やがて2人は第2ターミナルの勤務になるが、そこにはスヨンの過去を知る因縁のイヌ(演:イ・ドンゴン)がいた。

イ・ジェフンさんは、仁川空港旅客サービスチームの新人職員、スヨン役を熱演♪

マイコ
マイコ
彼は秀才でパイロットになるのが夢だったの!
ハナ
ハナ
そんなスヨンは、恋にも仕事にも真っすぐなんだけど驚きの秘密を持っているんだよ!

初回でもそスヨンにまつわる不思議なシーンが出てくるんです。

私自身も彼の秘密が物語が進むにつれ分かっていくことに驚きを隠せませんでした。

それだけではなく今作がヒューマンラブストーリーと紹介される理由に、恋愛要素だけではなく家族についてや周囲の人々との関係などを丁寧に描かれたからなんですよ!

ぜひスヨンの秘密を想像しながら「もし自分自身がスヨンだったら?」と想像しながら1話も逃さずにご覧くださいね♪

ドラマの感想は?

「『輝く星のターミナル(原題:キツネ嫁星)』の評判はどうなの?」と思うあなたに、『輝く星のターミナル(原題:キツネ嫁星)』の感想評判を紹介します。

このドラマの中ではロウンが光ってて俳優としての活動が期待できる!

主演の2人のラブラインが丁寧に描かれてキュンキュンした!

などの、『輝く星のターミナル(原題:キツネ嫁星)』対して丁寧な描写や映像美を絶賛するような声が多く上がっていました。

最終回の結末は?※ネタバレ注意※

ヨルムはずっとスヨンの消息を待っていました。

その後ヨルムはスヨンが家に帰っているというデギの連絡に、ほっと一安心するのです。

ようやくチョ部長事件が一段落つき、スヨンはヨルムのそばから離れるために辞表を出す決意をしました。

しかしスヨンはウェアラブルの副作用で、すでに体内の変化が始まっていたんです。

それでもヨルムはスヨンの手を離そうとしませんでした。

また、スヨンがウェアラブルを外し新しい人生を生きることを強く願うことに!

1年後。

そして最後にようやくリスタートしたスヨンとヨルムの姿が描かれ幕を閉じました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

韓国の玄関口でもある仁川空港を舞台とした話題作輝く星のターミナル(原題:キツネ嫁星)』

誰もが一度は利用したことがある空港を舞台に、その場で働く人々のリアルな実態を知ることもできるドラマになっています。

それだけではなく、今作にはベテランから若手俳優まで旬なキャストが抜擢されていることから放送前から話題になりました!

調べてみたところ、2019年11月30日(土)現在、『輝く星のターミナル(原題:キツネ嫁星)』は動画配信サイトで配信されていませんでした。

配信の情報が入り次第追記・更新するので乞うご期待!!