最終回ネタバレ

韓国ドラマ|根の深い木のネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も!

▼今すぐ無料で見たい方はこちらから▼

今すぐ『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』を無料で見る!

※dTVなら31日間無料で『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』が視聴できます!

※配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はサイトにてご確認ください。

2011年に韓国で放送された『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』。

韓国の小説家イ・ジョンミョンのミステリー小説『景福宮の秘密コード』を原作としている大ヒットドラマです。

韓国では本編に加え特別編まで放送されました。

主役トルボクを演じるチャン・ヒョクの勇ましいシーンでは迫力と緊迫感のある演技で、また愛する人への愛おしさを出すシーンではチャーミングな表情でドラマに引き込まれます。

そんな『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』の内容や最終回の結末、気になりますよね?

そこで今回は韓国ドラマ『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』の「ネタバレと感想は?」と「最終回の結末はどうなるの?」について詳しくご紹介しますね♪

韓国ドラマ『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』のあらすじ

1418年、世宗(イ・ド)は国王でありながら、政権は実の父太宗であるイ・バンウォンが握る弱き王でした。

王権強化のため有力な臣下をことごとく粛清してきたイ・バンウォンは、イ・ドの義父であるシム・オンとその一家を反逆罪で処刑し、シム・オンへ密旨を届けようとしたトルボクの父ソクサンも殺害しました。

トルボクは国王イ・ドの密旨のせいで父が死んだと知り、復讐する事だけを生きる目的として成長していきます。

やがてカン・チェユンの名を得て国王イ・ドへ復讐の為に近づいていき・・・

ここから先はネタバレです!

「やっぱり先にドラマを見たい!」という方は、今ならU-NEXTで全話無料視聴できるので是非映像で『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』を楽しんでくださいね。

▼今すぐ無料で見たい方はこちらから▼

今すぐ『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』を無料で見る!

※dTVなら31日間無料で『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』が視聴できます!

 

韓国ドラマ『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』のネタバレ

イ・ドが朝鮮4代目王に即位した中、軍に関してはバンウォンが指揮していました。

バンウォンは、シム・オンを殺害する計画を立てる。それに気づいたイ・ドは、ソクサムに手紙を送ります。

密旨に気が付いたバンウォンはシム家を罪に問い処刑してしまいます。

ハナ
ハナ
世界で一番愛していたトルボクに危ない思いはさせたくないという親心から、イ・ドが密旨を引き受けた所から始まり、大好きな父親を亡くしたトルボクの深い傷には心が痛んだよね。

トルボクは、荒い性格でタムしか友達が居ませんでしたが、逃げる途中でタムとはぐれてします。

幼かったタムは昭憲王后に、トルボクは王宗に助けられパン村に預けられました。

チョン・ドジュンが太宗に殺害される前、朝鮮が建国される時に理想の国を書いた密本をチョン・ドグァンに渡しましたが、パン村から脱出したトルボクがチョン・ドグファンらの馬を奪って逃げた時に馬と一緒にトルボクに渡ってしまいました。

代わりに、トルボクは父の遺言書が入った巾着をドグァンに取られます。

イ・ドによって父を殺されたと思ったトルボクは、イ・ドへの復讐を企てます。

やがて太宗は亡くなり、国王イ・ドが政権を握ると討論会を幾度も開いて学士の理論を元に法の改正をしていきました。

そして、トルボクはカン・チェユンの名を得て宮廷の兼司僕に就任し、宮廷に出入りすることで国王イ・ドの近くにいた幼馴染のタムと再会します。

タムはソイという名で国王イ・ドと共に文字作りに励んでいました。

マイコ
マイコ
一方王様イ・ドも民の助けて、という言葉を何度も何度も聞いてきたが民を助ける事ができず死なせてしまった自分の無力さに嘆き心に傷を負っていたんだよね。
ハナ
ハナ
イ・ドのとても切なく悲しい中だからこそ文字を作って民を救うという強い気持ちが周りを動かしていく所に心が動かされた!

ソイは一度見たものを全て記憶できる力があり、この文字作りに国王イ・ドは頼りにしていました。

国王イ・ドが肉の問屋として信頼をおき宮廷に出入りしていた白丁カリオンは、カン・チェユンが事件の死因を究明する時に、度々検視を依頼していましたが、このカリオンこそが密旨の本元のチョン・ギジュンでした。

チェユンは火災からソイを救い、彼女の特殊能力について聞きます。

さらに、ソイが昔からの知人のタムだという事も知りました。

韓国ドラマ『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』最終回の結末!

ソイの力を借りて作った28の文字を広めようとする国王イ・ドと、民までが言葉を知り自由に使えるようになると、民が欲を出しその欲によって国が滅びると考えるチョン・ギジュン。

文字を知ってる者を全て殺害してでも何としても止めたいチョン・ギジュンが争いを繰り広げました。

ある日、チョン・ギジュンらの目を盗み4人の女官が宮廷を出て文字を広めようと試みます。

ソイ達は、物乞いや子供達に歌で文字を広めようと飴を渡して歌を教え文字を広めようとしました。

文字の解明を見つけこの世から文字をなくす為に、密本チョン・ギジュンと手下のピョンが居場所を見つけて向かい、途中で出会った物乞い達がソイの教えた歌を歌っているのを発見したピョンは全ての物乞いを殺害します。

たった一人、厠に行き生き残った者とカン・チェユンが出会い、ソイがいる居場所の手がかりを見つけてソイの元へ向かい再会する事ができました。

しかし、ソイが生きた解明であると知ったチョン・ギジュンはソイの殺害を命じ、ソイがチェユンと逃げる途中、ピョンの打つ毒矢に刺さり崖から落ちてしまいます。

ソイは自分が毒矢に刺された事を知り、死ぬ前に記憶している文字を衣類を破りそこへ必死に記録していきます。

カン・チェユンがソイを発見した時には毒が全身を回りもう助かる術をなくしていました。

マイコ
マイコ
文字の全てを着ていた衣に書き留め、チェユンに王様の元に持っていき文字の発表をしてほしいと託したけど、チェユンとしてみたら本当は文字よりもソイを何とか救いたかったはずだと思うと切なかった…

ソイはチェユンに書き写した文字を王様に届けるように頼み、チェユンはソイが全てをかけた文字を王に届け、民も10日あれば覚えられるという文字の発表を成し遂げる事に成功しました。

韓国ドラマ『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』の感想

私は、トルボクがタムと再会したシーンはすごく印象的です。

お互い涙しながら再会をした時にトルボクがタムー、タムー、と叫ぶシーンは感動的でした。

タムと生きる事を新しい生きる意味として夢みるトルボクが可愛らしくて好きです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大ヒットで特別編まで公開されたドラマ『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』。

命を懸けてソイが守った文字を悲しみの中でも、民へ広げるために奮闘したチェユンの健気さから目が離せません!

韓国ドラマ『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』は、2019年6月現在動画配信サイトdTVで配信中なので、是非チェックしてみてくださいね♪

▼今すぐ無料で見たい方はこちらから▼

今すぐ『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』を無料で見る!

※dTVなら31日間無料で『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』が視聴できます!