最終回ネタバレ

パリの恋人(韓国ドラマ)のネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も

▼今すぐ無料で見たい方はこちらから▼

『パリの恋人』を全話無料視聴する!

※dTVは31日間無料で、期間中に解約すれば一切料金はかかりません!

※配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はサイトにてご確認ください。

2004年6月から韓国で放送された『パリの恋人』。

ヒロインのパリの語学学校に通う韓国人・テヨンを演じたのは、キム・ジョンウンさんです。

彼女の演技は、強く優しく、他人を放っておけないチャーミングなテヨンの姿を上手に表現し、どこか憎めない感がしっかりと出ています。

今作は、最終回の視聴率が57.4%を記録しました。

それほど大ヒットしたドラマ『パリの恋人』の内容や最終回の結末、気になりますよね?

そこで今回は韓国ドラマ『パリの恋人』の「ネタバレと感想は?」と「最終回の結末はどうなるの?」について詳しくご紹介しますね♪

韓国ドラマ『パリの恋人』のあらすじ

映画を勉強したいという夢を持ち、パリの語学学校に通うカン・テヨン。

家政婦のアルバイト先で、同じく韓国人のハン・キジュに出会います。

徐々に惹かれ合うテヨンとキジュ。

そんな中、テヨンの叔父が自動車ローンを踏み倒し、亡き父の大事なカメラが差し押さえられてしまいます。

そこでテヨンは担保の元となった自動車販売会社を訪れるとそこは、偶然にもパリで出会ったハン・キジュが社長を務める会社でした。

運命の再会を果たした二人は、色々な壁にぶつかりながら二人の愛を確かなものにしいく物語です。

ここから先はネタバレです!

「やっぱり先にドラマを見たい!」という方は、今ならdTVで全話無料視聴できるので是非映像で『パリの恋人』を楽しんでくださいね。

▼今すぐ無料で見たい方はこちらから▼

『パリの恋人』を全話無料視聴する!

※dTVは31日間無料で、期間中に解約すれば一切料金はかかりません!

韓国ドラマ『パリの恋人』のネタバレ

貧しい家柄のテヨンは、父のような映画監督になりたいと夢と希望を持ってフランスに留学します。

そこで出会ったのは、雇い主のキジュとキジュを兄のように慕うスヒョンでした。

テヨンはキジュが気になりはじめ、キジュも徐々にテヨンに惹かれて行きます。

ハナ
ハナ
スヒョンもテヨンに惹かれて三角関係になっちゃうの!

韓国に戻ったテヨンは、偶然キジュと再会。

テヨンとキジュの距離はだんだん近づきます。

しかし、テヨンとキジュの関係が親密化するに連れて嫉妬に駆られた友人のユナやキジュの前妻のスンギョン、そしてスヒョクも二人の関係を邪魔しようとするのです。

会長からテヨンを解雇しなければ会社から追い出すと言われたキジュは、テヨンが自分の恋人であることを告げて、テヨンを解雇します。

ユナの策略でキジュはユナと婚約することになりますが、婚約式の会見で婚約をドタキャン!

それでもキジュを諦めないユナとテヨンを愛するスヒョクは、色んな手を使って二人の間を引き裂こうとしますが、テヨンとキジュの関係は止められません。

遂にキジュは、テヨンにプロポーズします。

それを受けてスヒョクも身を引きました。

テヨンとキジュは婚約し、幸せいっぱいの二人は、テヨンの亡き父に結婚の報告をし、二人の時間を楽しみました。

そんな中、実はキジュとスヒョクが血の繋がった兄弟であることをユナが知ってしまいます。

スヒョクもチェ理事からキジュが同じ母から生まれた兄弟であることを知り、キジュを追い出す策略に加わることに。

ハン会長とヘギは、どうしてもテヨンのことが気に入りません。

また、ユナはキジュとスヒョクの出生の秘密をネタにテヨンに婚約を解消するように脅すのです。

スヒョクもまた、新車のデザインを流出させ、キジュを追い詰めていきます。それを見たテヨンは、ハン会長に婚約を解消することを申し出ます。

そんな中、テヨンがスヒョクを追い返した後に交通事故に遭い、記憶喪失になってしまい・・

韓国ドラマ『パリの恋人』最終回のネタバレ

事故を起こしてしまったスヒョクですが、実は記憶喪失のフリをしていたのです。

それを知らないテヨンとキジュは時間があればスヒョクを見舞い、時間を共にします。

テヨンは、責任を感じてスヒョクの記憶が戻らなければ一人でパリに行こうと決心。

ところが、スヒョクは自分探しのたびに出ると書き置きして突然いなくなってしまいます。

ハナ
ハナ
旅に出たのは、相思相愛なのに結ばれない二人に責任を感じていたからかもしれないね・・

キジュは、チェ理事の働きから株主総会で社長の座を解任されてしまいました。

チェ理事は、この機会をずっと待っていた、スヒョクの記憶が戻れば全て終わりだと言い残し去っていきます。

テヨンは、キジュの秘書に手紙と写真を渡し、一人でパリへ旅立ちます。

秘書からこの事を聞いたキジュは急いで空港に向かいますが間に合いませんでした。

キジュは、自分もパリへ行ってテヨンを探すと心に決めます。

2年後、パリの売店で人形売をしているテヨンのお店が荒らされてしまいます。

その時、偶然目の前に停車した車の運転手が犯人だと思い、テヨンが乗り込んでいくと、運転手はキジュでした。

偶然なのか運命か、二人は2年後しの再会を果たすのでした。

韓国ドラマ『パリの恋人』の感想

二人がどんな家柄出身であっても愛することが永遠であることを教えてくれるドラマでした。

一番印象に残っているシーンは、キジュとスヒョクがテヨンを賭けてアイスホッケーで勝負するシーン。

白熱の勝負が繰り広げられてハラハラ・ドキドキが続きます。

勝負は引き分けに終わり、スヒョクがキジュにテヨンを渡して欲しいと頼みますが、キジュは「他のすべてを失ってもテヨンを取る」と断るのです。

財閥の御曹司が自分のすべてを失っても愛する女性を取るなんて、私もこんなふうに愛されてみたいなと思いました♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

パク・シニャンさんの代表作でもある、大ヒットドラマ『パリの恋人』。

身分の差を乗り越えて強い愛を育むキジュとテヨンから目が離せませんよ。

韓国ドラマ『パリの恋人』は、dTVで見放題配信中なのでこの機会に是非見てみてくださいね♪

▼今すぐ無料で見たい方はこちらから▼

『パリの恋人』を全話無料視聴する!

※dTVは31日間無料で、期間中に解約すれば一切料金はかかりません!